女の人

シミと一緒に悩みも除去|女性に多い悩みを解決しよう

最先端の美白ケアとは

医者と看護師

皮膚科や外科でのケア

シミの治療を皮膚科や外科に通って行う場合があります。同じシミといっても原因は様々ですし、それに効果のある治療法も異なります。皮膚科等では塗り薬や内服薬だけでなく、レーザー治療や光治療、ケミカルピーリングと様々な方法が行われていますので、必要に応じて組み合わせることが可能です。近年では、フォトフェイシャルがシミを治療しながら若返りも期待できるということで注目されています。フォトフェイシャルでは顔全体に特殊な光を当て、肌に留まっているメラニンにダメージを与えます。レーザー治療と異なる点は、刺激や痛みが一切ないことです。シミ治療初心者でも試しやすい方法ということで、利用者を急激に増やしています。優しい効き目ですので一回だけでは変化はほとんどありませんが、数回照射を行うことで少しずつシミが薄くなっていきます。レーザー治療では、シミに反応する特殊なレーザーをピンポイントに当てていきます。程度の軽いシミなら1回の施術でも十分な効果が期待できます。短期間で治したい人が利用する方法です。ケミカルピーリングでは、酸を利用して表皮を溶かします。毛穴に詰まった角栓も除去することができ、ターンオーバーを促進させます。代謝が鈍って肌細胞の生まれ変わりが遅れがちの肌に最適な方法であり、自宅ケア用のピーリング剤も売られています。最近ではビタミンCをイオン導入する施術も人気です。ビタミンCには肌に浸透しにくいという特徴がありますが、イオン導入により肌の深部まで届かせます。メラニンの生成を抑えて活性酸素を除去できますので、年齢肌にも効果的です。

施術ごとの特徴を理解する

治療を受ける際に大事なのは、それぞれの施術をよく理解して特徴をつかむことです。フォトフェイシャルは穏やかな効き目で広範囲に処理を行う方法ですので、薄く散らばったようなシミに有効です。濃くなると通わなければならない回数は増えますが、続けていればやがて消すことができます。照射される光には、肌中に含まれるメラニンが定着するのを防ぐ働きがありますので、新たなシミができないようにするという予防にもなります。シミ対策では実は予防がもっとも大事だといわれていますので、できる前にケアが行えるフォトフェイシャルは優秀です。レーザー治療の良いところは、濃いシミも短期間で薄くなるところです。大抵は1回で薄くなりますし、ダウンタイムも1週間程度、長くてもせいぜい2週間です。直後はかさぶたを無理矢理剥がさない、紫外線を浴びない等の注意事項がありますが、きれいに治った後はどんどん他の部分との境目が分からなくなります。刺激がやや強いので薄くて広範囲に散らばっているシミには適しませんが、色素の濃くなったシミの治療に最適です。ケミカルピーリングは、ニキビ跡による色素沈着に効果があります。1回で変化が現れるものではありませんので効果を急ぐ時には使用できませんが、回数を重ねていくうちに美肌へと近づきます。ビタミンCイオン導入は、シミ以外にも毛穴の開きやたるみ、しわ等が気になる肌に効果的です。ビタミンCを肌の奥深くまで届けることによりメラニンの生成を抑えながら、活性酸素を除去してコラーゲンの生成を促すことができます。