女の人

シミと一緒に悩みも除去|女性に多い悩みを解決しよう

クリニックで出来る対策

目を閉じる女性

外部と内部の美容法

シミの治療は主に、美容外科や美容皮膚科で行われます。IPL療法やフォトフェイシャル療法は、特殊な光をシミのある部位に照射することでシミにアプローチしていく治療です。痛みが無く、何度か続けて照射していくことで徐々に色が薄くなっていきます。レーザー治療はIPL療法やフォトフェイシャルよりもパワーがあるので、少ない照射回数でシミを目立たなくします。その分、指で弾いた感じの痛みがあるのが難点です。イオン導入や超音波導入の治療法では、肌の機能を活性化させる成分を肌の奥深くまで浸透させます。普段化粧品を使ってケアをしていても肌の表面上のケアしか出来ません。イオン導入や超音波であれば肌の深い部分までアプローチできるのでそこからシミを徐々に薄くすることが出来ます。ケミカルピーリングは、肌の古い角質を取り除くことで新しく肌が生まれ変わるように肌の再生機能を促進するものです。シミを改善することも出来ますが、肌自体ワントーン明るくすることも出来ます。点滴をする方法もありますが、これは内側からシミに働きかけるものです。美白に良いとされる成分を体内に効率よく取り込むことで、シミが消えやすい環境を作ります。塗り薬では、他の治療法では除去しにくい種類のシミを取り除くことが出来るようになります。シミを消すには、外部からの働きかけも大事ですが内部からの働きかけもまた大事になってきます。効率よくシミを消し、再発予防をする為には体の外からも中からも治療を行う必要があります。

術後のケアが大事

シミ取りの治療は、多くの場合少ない照射回数で消すことが出来るレーザーを使う人が多いです。痛みはあるものの、麻酔クリームを塗るなどの対策を取れば痛みに弱い人でもそこまで苦痛ではないからです。ただ、日本人はメラニンが多い為、レーザーで除去した後に再発したかのような炎症後色素沈着が起きやすいと言われています。シミを除去したのに、赤く炎症を起こしたままの状態が続くことです。これではせっかく除去してもあまり意味がないので、なるべく負担が少なく照射時間が短いレーザーを利用するべきです。ヤグレーザーやレブライトという機種の場合、照射時間が短いため、肌に与えるダメージも少ないです。その為、炎症後色素沈着も防げるようになると言われています。また、炎症を起こさず色素沈着を防ぐためにも、除去後の軟膏や皮膚再生テープの使用は必須です。日本では、見た目的に気になるという理由で除去後に顔にテープを貼ることに抵抗がある人が多いです。再生テープは肌色をしていて目立つものではないですが、気になるという人が多いです。最低でも一カ月くらいから数カ月はしっかり除去した部位を保護しないと炎症を起こしたり沈着したりする恐れがあります。見た目的に気になっても、しっかり元の肌の状態に戻るようにするには継続的な再生テープや軟膏の使用は欠かせないです。シミ除去の治療を受ける際には、回復するまでのケアが大事だということや再発するリスクや色素沈着を起こすリスクを考えながら治療に臨むほうが良いです。